間食は少し控えめに

お昼・おやつは控えめに

サラリーマン、OL,学生など日中によく活動するときには
すぐにエネルギー源として体に供給される昼食を摂る方がいいです。
こういった時のお昼に一番適しているのがおにぎりです。
外で買うよりはできるだけ自分で梅干しを中に入れて握ったものを
数個作っておいて携帯した方がベターです。
あとはおかずとしてちょっとした玉子焼、飲み物はお茶という組み合わせで
お昼は十分でしょう。
脂肪がたっぷりと含まれている高カロリーのものを食べてしまうのはお勧めできません。
外で食べる場合はおそばなどのあっさりとしたものにしてください。

また、おやつはできるだけブドウ糖を補給するように。
お菓子は主食ではなく、食べなくても支障はありませんが、
血糖値が下がった状態では仕事も勉強もはかどりません。
夕食まで間がある時は血糖値を即効的に上げる食べ物、
つまり消化されてブドウ糖になる炭水化物か糖分を摂るといいと思います。
それには実はおせんべいがぴったりです。
甘いものが欲しい時は脂肪分を含まないようかんやまんじゅうなどの
和菓子を選択するようにしてください。

そして、夕食でビタミン、ミネラル、タンパク質といった栄養素を
補給するようにしましょう。
寝る前に小腹がすいたときはリンゴが最適です。
リンゴに含まれる糖分は食物繊維のペクチンの作用で
消化・吸収が抑制されるのでかじってたべても血糖値はゆっくりとしか上がりません。
腹もちもよく腸の働きを活発にしてくれる作用もあります。
それと、果物や和菓子は食後のデザートにはつきものですが、
脂っぽい料理を食べた後の甘いものは避けた方がいいでしょう。
どうしても食べたいときはあっさりとした和食の後がいいです。
Free Web Hosting